耐熱アラミド繊維のお話

耐熱アラミド繊維のお話

ブログをご覧の皆さんこんにちは。

耐熱アラミド繊維は航空機のフライトスーツや

戦闘車両などの乗員服に使用される素材です。

 

f:id:parabellum0922:20181230151032j:plain

 

この素材は引張強度・弾力性・耐熱性に優れていて

スーパー繊維又はハイテク繊維と呼ばれケブラーとも

呼ばれますが、ケブラーはデュポン社の登録商標です。

 

軍用のヘルメットや防弾ベストなど、コストよりも

極限の性能を求められるような特殊な製品に使われる

事が多い素材です

強度が非常に高く、同じ重さの鋼鉄の5倍の引っ張り

強度や耐熱・耐摩擦性を持っています。

しかもプラスチックですから、錆びてしまわず

電気を通すこともありません

f:id:parabellum0922:20181230023721p:plain

切り傷や、衝撃にも強く、幅広い業界において

鉄のワイヤー、アスベスト、ガラス繊維などからの

置き換えとして利用され、軽量であることから航空

機の部品や自動車の摩擦材など

f:id:parabellum0922:20181230025504p:plain

でもそんな最強の繊維でも弱点があります

それは紫外線と酸性・アルカリ性の水です。

まず紫外線ですが、可視光の領域はだいだいは

劣化の原因になります、長時間直射日光に

当てると変色します、洗濯後は陰干しで、保管

する時も直射日光は避けましょう。

 

水の影響力は?

PH6(中性)状態の水には特に反応ないが、

PH3(酸性)やPH10(アルカリ性)の状態の

水は劣化の原因になります、例えば

海水や漂白系洗剤などには注意してください。

f:id:parabellum0922:20181230025331p:plain

あとは、意外と手玉が出来る?必ず出来ます!

そんな時はダイソーの「くるくる毛玉取り」が

超おススメ!もし毛玉が気になる方はお試しあれ

 

耐熱・耐火性は燃えない?

耐火性?燃えない?それではライターで炙る事に

おっ~燃えない!確かに燃えませんが数分後、炭化

しました、絶対マネしないでください!

f:id:parabellum0922:20181230155704p:plain

アラミド繊維の大きな特徴として難燃性があり、自己消火

性を有し、他の有機繊維の様に溶融せず炭化する、

ここが最も重要で熱によって溶けた繊維が皮膚に付着

したりするという二次災害の危険が低減されるそうです

f:id:parabellum0922:20181230160338p:plain

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中