ウットランド迷彩のお話

ブログをご覧の皆さんこんにちは。

 この有名なウットランド迷彩は 

 1980年代初頭から約30年近く使用され

 2006年までアメリカ全軍が使用していました

   ※ 陸軍・海軍・空軍・海兵隊の全軍です。

 

 迷彩と言えば?定番中のド定番ですね、ファッション

 としてもカッコイイですよね

 

 1980年代は冷戦時代で、昔々おっさんたちが

 子供頃のお話です、アメリカとソ連がお互いに

 「がんとばす」「がんたれる」「がんつける」

 「がんくれる」でヨーロッパの方で切磋琢磨して

 いました、ヨーロッパの森林地帯で効果を発揮する

 迷彩柄となっております

f:id:parabellum0922:20181223141546p:plain

生地は2種類あります。

 『NYCO/ナイコ』と呼ばれるナイロン・コットン

 混紡織り、ここが重要なんですょ!

 ナイロンが織り込る事で飛躍的に強度が強くなり、

 乾きやすく、シワになりにくい生地です。

 耐久性が向上した事で、今でも現役バリバリで着用出来ます

 

 それでは『NYCO/ナイコ』どちらかと言うと

 『ノンリップ』の方が有名かも?

f:id:parabellum0922:20181222004151j:plain

ヨーロッパの他でも南米で熱くなっていました

 もうひとつが『リップストップ』です。

 

 ジャングル、砂漠等の熱帯地ゾーンでの通気性と強度を

 兼ね備えるために5~8mm間隔に補強糸が格子状に織り

 込まれたポプリン生地で『リップストップ』は破れ防止を

 意味です、もし生地が破れても広がり難くチョット安心

f:id:parabellum0922:20181222005343j:plain

f:id:parabellum0922:20181223143448p:plain

 

はじめまして、パラベラムです。

ブログをご覧の皆さんこんにちは。

寝ても、覚めても、食べてても・・・

軍モノに夢中です。

デザインから無駄を排除し機能性のみを徹底的に

追及され生み出され兵士の命を守る為に作られた

軍モノは最高です。

これにて、初めの挨拶とさせていただきます。

s512_choju25_0020_11